エログツール

エログ記事収集を自動化するツールPostGetterについて

どうもGENです。エログ記事の自動化をするPostGetterについての紹介です。

今までこのような悩みを持たれたことはありませんか?

エログの投稿をしていて記事を集めてくるのが手間…
記事収集を自動化できれば時間が節約できるのに…
結局副業は稼げるけど時間が足らずに続かない…

そのような悩みを解決してくれるのが「PostGetter」になります。

Paypal決済でのご購入はこちらから


購入オプション



自動記事取得ツールPostGetterについて

まず初めに動画でPostGetterについての概要を解説させていただきました。

ツール「PostGetter」でできることは以下になります。

  • 特定サイトをCSVで取り込み
  • 記事取得ページ数の変更
  • タイトル、画像、カテゴリー、タグを自動で取得
  • FANZA,MGSでの販売を行っている記事からは販売元URL取得
  • google spread sheetへの出力

上記に加えてこちらのツールに付属してくる特典を使用することで自動化がさらにはかどります。

それぞれのツールの特徴について詳しく解説していきます。

特定サイトをCSVで取り込み

まずは、特定サイトをCSVで取り込みます。取得したいサイトのトップページを以下の画像のようり張り付けていきます。

(サンプル画像では同じサイトを貼り付けています)

通常版:こちらでは無制限にURLを貼り付けておくことで全てのURLから全自動で記事を取得してきます。

制限版:取得できるサイト数は5サイトまでとなっています。

一度設定しておいたURLを次回から書き換える必要などなく、ツールを起動するだけで記事収集を行えます。

記事取得ページ数を変更

記事取得するにあたって取得するページ数を変更することが可能です。

1-51まで選択可能です。10ページ単位での取得が可能です。

注:1ページだけの取得だとエラーが発生するサイトがあります。

画像のように1,11,21,31,41,51となっております。

例えば、11を選択していただくと各URLの最新記事から10ページずつ取得します。

1ページに10記事表示されている場合51を選択すると500記事取得してきます。

張り付けていただいたトップページのURLから10ページまで取得してきますので、1ページに表示されている記事数に応じて取得できる投稿数が変化します。

取得するサイトがそもそも50ページに満たない場合はエラーが発生しますので、まずは小さい数字から設定することをお勧めします。

タイトル、画像、カテゴリー、タグを全自動取得

取得元の記事から自分が投稿するのに必要な情報を全て抜き出します。

また、今回のツールの設定では画像は元の記事からではなく

動画の投稿元(ShareVideos)などの画像をランダムで取得してきます。

これを行うことで、元々の記事作成の画像をパクることなく画像を作成できます。

タイトルは、元記事のものをそのまま表示させます。

タグは、元の記事に記載されているタグをランダムで数個抜き出します。

カテゴリーは、カテゴリーが記事内で設定されている物はカテゴリーを抜出ます。ないもの(未分類等)は、タグの一つ目をカテゴリーとして認識します。

それぞれの使い方

タイトル:元の記事の物から少し編集して投稿していただけます。

タグ:ランダムで取得するのでそのまま放置でも問題ありません。

カテゴリー:こちらも放置でも問題なく分類されます。

FANZA,MGSでの販売元の動画リンクを取得

記事内に個別のFANZA,MGSの動画が張り付けている場合は販売元も出力します。

上記が画像にdmm..と記載がありますがこちらを開くと

こちらのように元URL(販売元)が表示されます。

今回の特典にも付属している以下のツールを合わせて使うことでサンプル画像も全て取得することが可能です。

 

独自のロジックで記事内FANZA,MGS動画を判定し別ツールを使用することで

サンプル画像まで全取得するので使用用途は幅広く対応しています。

google spread sheetへの出力

今回のツール販売での一番優れている機能がこちらになります。

  • Google spread sheetに保存することで様々なダウンロード形式に対応しています
  • クラウド保存することで無駄なパソコンの容量は必要ありません
  • 特典と併せることでWordPressに簡単に記事を投稿できます。
  • 投稿時間などの設定も容易に行えます
  • 自動で上書き保存されます

CSVの取り込みを行う際も出力を行う際もネックなのが、「Excelソフトがない」ということですよね。

最初の取り込みの際は、google spread sheetでCSV形式で出力していただければ簡単に取り込めますし、データーの出力もgoogle spread sheetに出力することでExcel未対応のPCでも使用していただけます。

また、購入特典のNoteで有料投稿しているWordPressへのCSV投稿方法を合わせて使用することで効率的に記事投稿が行えます。

購入特典

こちらの特典は制限版には付属しません。

  • 有料Note記事
    • CSVWordPress投稿方法
    • FANZAのURLからのサンプル画像取得方法
  • アップデート期間の延長(1年)

使用方法について

こちらの使用方法は、盗用防止のため購入者の方限定で公開しております。

文章及び動画等でツールの使用方法から記事の投稿までサポートさせていただきます。

 

PostGetterの価格と詳細

PostGetterの価格は、実績作成も含めて特価設定としております。

  • 制限版 ¥20000円
  • 通常版 \30000円
  • オプション機能ー1シートまとめ機能:3980円
  • オプション機能ー日付追加機能:6980円

表示金額は税込みになっております。

となっております。これだけの機能が盛り込まれている中でこの価格を提供できるには、自身がプログラマーだということが非常に重要でした。

よくあるツールはプログラマーに依頼して、ツール作成ですが今回のツールは私(ブログ執筆者)が作成しております。

よって今後の管理やアップロード、エラー処理等もこちらで行えるのでこの価格設定となっております。

Paypal決済でのご購入はこちらから


購入オプション



制限版の機能

制限版では通常版と違い一部機能が制限されています。

  • CSVからのURL取り込み数:5サイト(URL)まで
  • ページ送り(1サイトからの取得ページ数):10ページまで
  • 特典は制限版では含まれません

通常版は全ての機能、特典がご使用いただけます。

エラー対応及び注意事項について

詳しくはこちらをご確認ください。(必ず一読の上ご購入ください)

Paypal決済でのご購入はこちらから


購入オプション



GEN